日本音響学会アコースティックイメージング研究会
Google(サイト内検索)
注意事項
1. 当研究会にユーザ登録されている方は,今年度開催の研究会に関するフルテキストPDFおよび動画(音声)ファイルを全て閲覧可能です.
2. 文献引用の際には「アコースティックイメージング研究会資料 AI-****-**」との明記をお願いいたします.
3. 上部のGoogle(サイト内)検索より論文を検索することができます.
4. 当ページがGoogleに登録されていない場合,検索できないことがあります.
5. 新規にユーザ登録したい方は,下記のボタンをクリックして下さい.
第4回 2012年 12月 13日開催 <アコースティックイメージング研究会資料>
AI-2012-26
生体模擬ゲル中への治療用超音波照射時におけるキャビテーション気泡の加熱増強効果の解析 【PDF/動画:】
浅井 歩1, 岡野 裕樹1, 吉澤 晋1, 梅村 晋一郎2
1東北大学 大学院工学研究科通信工学専攻, 2東北大学 大学院医工学研究科医工学専攻
抄録
低侵襲な癌治療法として強力集束超音波(HIFU)は近年注目されているが、問題点として治療時間の長さがあり治療の効率化が求められている。キャビテーション気泡の加熱増強効果の治療への利用は効率化への手段の一つとなる。また、その効果を利用した安全で効率的な新たな治療法を計画するためにはキャビテーション気泡を考慮に入れた3次元熱伝導シミュレーションは必要不可欠である。本研究では気泡の加熱増強効果を超音波吸収係数とするモデルを構築し、実験値と比較した結果から気泡を考慮に入れたHIFU治療の3次元熱伝導シミュレーションを構築することが出来た。しかし精度をより向上させるにはよりよい気泡領域の推定方法が必要である。
keywords
治療用超音波,キャビテーション気泡,生体模擬ゲル

前のページへ戻る