日本音響学会アコースティックイメージング研究会
Google(サイト内検索)
注意事項
1. 当研究会にユーザ登録されている方は,今年度開催の研究会に関するフルテキストPDFおよび動画(音声)ファイルを全て閲覧可能です.
2. 文献引用の際には「アコースティックイメージング研究会資料 AI-****-**」との明記をお願いいたします.
3. 上部のGoogle(サイト内)検索より論文を検索することができます.
4. 当ページがGoogleに登録されていない場合,検索できないことがあります.
5. 新規にユーザ登録したい方は,下記のボタンをクリックして下さい.
第5回 2009年 2月 24日開催 <アコースティックイメージング研究会資料>
AI-2008-29
熱弾性方程式に熱放射を考慮した音叉型水晶振動子のQ値の解析 【PDF/動画:】
玉木 悠也, 伊藤 秀明
信州大学 工学部電気電子工学科
抄録
片持ち梁の熱弾性の観点から運動方程式および熱伝導方程式に熱放射を考慮した式を基にQ値を予測する手法を述べている。熱放射を考慮した熱伝導方程式を近似計算の一つである摂動法により解析し、一次摂動まで含む近似解で与える振動子内の温度分布が断熱と等温の中間の温度分布を与える式の温度分布の形と同じになるようにしてQ値を計算する手法を開発した。この方法で求めたQ値は熱放射を含まない熱伝導方程式より求めた断熱近似のQ値よりエッチング加工音叉型水晶振動子の実測Q値に近いことが分かった。
keywords
音叉型水晶振動子,Q値,熱弾性方程式,熱放射

前のページへ戻る