日本音響学会アコースティックイメージング研究会
Google(サイト内検索)
注意事項
1. 当研究会にユーザ登録されている方は,今年度開催の研究会に関するフルテキストPDFおよび動画(音声)ファイルを全て閲覧可能です.
2. 文献引用の際には「アコースティックイメージング研究会資料 AI-****-**」との明記をお願いいたします.
3. 上部のGoogle(サイト内)検索より論文を検索することができます.
4. 当ページがGoogleに登録されていない場合,検索できないことがあります.
5. 新規にユーザ登録したい方は,下記のボタンをクリックして下さい.
第1回 2009年 6月 26日開催 <アコースティックイメージング研究会資料>
AI-2009-02
造影画像における組織信号除去に関する基礎検討 【PDF/動画:】
吉田 哲也, 吉新 寛樹, 今村 智久, 神山 直久
東芝メディカルシステムズ 超音波開発部
抄録
超音波造影イメージングにおいて,マイクロバブルと組織の弁別は重要である.一般的なマイクロバブルの映像化には2次高調波成分が利用されているが,組織構造からも2次高調波が発生する為,正確な染影評価が出来ない場合がある.特に送信音圧が高いほどその問題は顕著となる.今回我々は,高調波成分と基本波成分の比(Harmonic-to-Fundamental Ratio,以下HFR)に注目し,組織エコー抑制に対する有効性に関しての基礎検討を行った.散乱強度の異なる領域を含むファントムを用いた実験において,2次高調波成分を映像化する従来手法に対して,HFRは空間的に散乱強度が不均一な組織信号成分の影響を抑制可能であった.
keywords
超音波造影剤,マイクロバブル,非線形

前のページへ戻る