日本音響学会アコースティックイメージング研究会
Google(サイト内検索)
注意事項
1. 当研究会にユーザ登録されている方は,今年度開催の研究会に関するフルテキストPDFおよび動画(音声)ファイルを全て閲覧可能です.
2. 文献引用の際には「アコースティックイメージング研究会資料 AI-****-**」との明記をお願いいたします.
3. 上部のGoogle(サイト内)検索より論文を検索することができます.
4. 当ページがGoogleに登録されていない場合,検索できないことがあります.
5. 新規にユーザ登録したい方は,下記のボタンをクリックして下さい.
第2回 2009年 9月 3日開催 <アコースティックイメージング研究会資料>
AI-2009-15
音響テレビを用いた音場の可視化 【PDF/動画:】
大内 康裕1, 及川 靖広1, 山崎 芳男1, 田中 正人2
1早稲田大学 理工学術院, 2マイクロスペース(株)
抄録
我々は観測者が直感的に音場の把握ができリアルタイムな観測が可能であるシステムとして音響テレビと呼ぶシステムを提案する。音響テレビはある音場での音源の位置,分布,動きをテレビ画面上にリアルタイムで表示するものである。それぞれの音の強度は明るさで,音響スペクトルはカラー成分で表示される。さらに,音響撮像面前に取り付けられたCCDカメラからの光学画像信号と重ね合わせて表示することでより具体的な音源位置推定が可能である。音響テレビを用いて環境音の測定を行った結果,自動車のブレーキ音,新幹線の走行音等を確認することができ今後の有用性を見出すことができた。
keywords
音響テレビ,リアルタイム,音源位置推定,環境音

前のページへ戻る