日本音響学会アコースティックイメージング研究会
Google(サイト内検索)
注意事項
1. 当研究会にユーザ登録されている方は,今年度開催の研究会に関するフルテキストPDFおよび動画(音声)ファイルを全て閲覧可能です.
2. 文献引用の際には「アコースティックイメージング研究会資料 AI-****-**」との明記をお願いいたします.
3. 上部のGoogle(サイト内)検索より論文を検索することができます.
4. 当ページがGoogleに登録されていない場合,検索できないことがあります.
5. 新規にユーザ登録したい方は,下記のボタンをクリックして下さい.
第5回 2010年 2月 24日開催 <アコースティックイメージング研究会資料>
AI-2009-31
弾性表面波と漏れ弾性波の研究に携わって 【PDF/動画:】
竹内 正男
玉川大学 工学部
抄録
筆者は1971 年東北大学清水洋教授のご指導のもとで研究生活を始め,1985 年から1996 年の間,東北大学電気通信研究所の山之内和彦教授のもとで研究と教育に従事した.1997 年から玉川大学に移り,研究,教育,学務に従事してきた.本稿では,この間に携わってきた弾性表面波と漏れ弾性波の応用研究について述べたい.
keywords
弾性表面波,漏れ弾性波,モ−ド結合理論,マイクロマニピュレーション,タッチスクリーン

前のページへ戻る