日本音響学会アコースティックイメージング研究会
Google(サイト内検索)
注意事項
1. 当研究会にユーザ登録されている方は,今年度開催の研究会に関するフルテキストPDFおよび動画(音声)ファイルを全て閲覧可能です.
2. 文献引用の際には「アコースティックイメージング研究会資料 AI-****-**」との明記をお願いいたします.
3. 上部のGoogle(サイト内)検索より論文を検索することができます.
4. 当ページがGoogleに登録されていない場合,検索できないことがあります.
5. 新規にユーザ登録したい方は,下記のボタンをクリックして下さい.
第5回 2010年 2月 24日開催 <アコースティックイメージング研究会資料>
AI-2009-32
磁歪膜の作製と弾性表面波デバイスの研究 【PDF/動画:】
山口 正恆
千葉大学 大学院工学研究科
抄録
筆者が学生時代に行ったフェライト膜の作製とそのVHF 帯電気音響変換子への応用に始まり,磁歪物質上を伝搬する弾性表面波(SAW)に関する基礎実験等を経て,その後,長期間に亙って携わったSAW デバイスに関する研究の一部を紹介し,その時々の経緯について述べる。これらの思い出話を通じて,筆者が,研究の何処に難しさを感じ,何処に魅力を感じながら65 歳の現在に至ったかを感じ取っていただければ幸いである。
keywords
弾性波,弾性表面波(SAW),擬似弾性表面波(LSAW),Surfcae skimming bulk waves (SSBW),圧電性境界波,磁歪,⊿E 効果,フェライト,TbFe,LiNbO3, LiTaO3

前のページへ戻る